変わるということ

長い期間の修行や苦労によって手に入れたものに価値があるのか。
以前にホリエモンこと堀江貴文氏が「寿司職人が何年も修行をするのはバカ」なんて発言をし、たくさんの反響がありました。

ざっくり言うと、寿司職人になるためには、皿洗いや飯炊き、玉子焼きなどの修行をしたうえで、寿司を握らせてもらうのに8年かかる。そのため、一人前になるのに10年かかる。
握るのが難しくて10年かかるのならともかく、握らせてもらうのに8年も費やすことに価値があるのかといったもの。
若者が、寿司職人を目指して10年修行をした後に、自分には向いていないことがわかったらどうするのか。10年もたってしまっていてはリカバリをすることも難しくなるのではと言っていました。


この発言の賛否ではなく、その内容を聞いて、確かに私自身も旧来型の考えに固執している部分があるなと考えさせられました。

私は中学の時に部活でサッカーをやっていたのですが、1年の時は、スパイクを履くどころか、ボールにも触らせてもらえませんでした。
毎日何キロも走り込み、その後は先輩の練習のボール拾い、最後はグランドの整地。これが当たり前だったんですよね。
そのことが決してムダだとは思いませんが、そうやって自分たちが苦労してきたことは尊いことだとずっと思っておりました。

最近ではオリンピックなどの世界スポーツにおいて優勝するのは3歳から教えてもらっていたとか、そういった人たちばかり。
そんな幼少のころからやっている人たちと戦っていくのに、1年間も球拾いをしている場合でしょうか。

世の中にインターネットが出現してから、世の中の変化のスピードが劇的に早くなっています。
1年前に流行っていたこと、常識だったことが1年後にはもう廃れてしまっている。そんな世の中の変化に対応していくのに、「下積み」や「修行」、「根性」などだけでついていけるのかと言うと、確かに難しいかもしれないと感じます。
物事の変化が劇的に早い現代、「背中を見て、盗め」では、置き去りにされてしまうかもしれません。

技術は盗ませるものではなく、教えるもの。自分たちが10年かけて苦労の末手にしたものは、後輩にはコツややり方を丁寧に教えて3年で習得させる。

「苦労して手に入れたものは尊い」と思うのは、きっと「自分がこんなに苦労してようやく身についたことを、そんなに簡単に教えたくない、自分と同じだけ苦労した者にこそ初めて教えたい」といった教える側の心理も働いているからだと思います。

「働き方」なんかも今話題になっておりますが、やはり未だに「休みの日にまで働いている」だとか、「遅くまで仕事をしている」といった拘束時間に重きを置いた考えが日本人には残っているのが現状ではないでしょうか。
ただ、ここにきて、裁量労働制の採用であったり、働いた時間よりも成果や創造を生み出したものに対して評価し、オンとオフをしっかりと区別する働き方がフォーカスされるようになってきました。

働き方そのものに対する考え方も変化しているのです。

こう言った議論では、常にどちらが「正しい」のかが争点になりますが、
どちらが「正しい」のではなく、時代の変化に応じた考え方を取り入れること、それが出来る能力が今後重要になってくると思います。

変化に対応することで一番重要なことは、「考え方を変える事」。
考え方は、幼少のころからの経験や環境に基づいて醸成されているものですので、簡単に変えることが出来ません。
自分が正しいと思っていることが、「今の時代本当に正しいのか」常に自分に問いかけることが重要だと思います。

フランス政府に続き、イギリス政府もガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると発表がありました。
世界の潮流がEV(電気自動車)へと大きく変わってきていると同時に、自動車業界は新たなプレーヤーの登場と共に規模を追う競争から独自性や独創性を求めるように変化してきています。

私たち自動車販売業界にもこれから10年先、20年先には大きな変化が訪れることになるでしょう。
私たち個人のライフスタイルの中で自動車に求める「価値」は大きく変化し、また、自動運転をはじめとする技術革新により生活そのものも変化して行くことが考えられます。

自動車販売業界だけではなく、製造、金融、小売・流通業など、AIの進化と自動化が進むことにより、もはや「人」がいらなくなるとも言われています。

とんでもないスピードで進化を続ける世の中で必要なものは、「流行感度、情報感度の高さ」、「変化を受け入れた対応」、「未来を精度よく予測出来る能力」
世の中の流れに敏感になること、旧来型に固執せず新しい考えに切り替えることが出来るようになること、また未来を予測することにおいて、たくさんの業界の情報を収集出来るかなど、スピードと感性、興味が非常に重要になってきます。

 

学生の皆さんが、就職活動をするに当たって、「安定」を望む声が非常に多く感じますが、本当に「一生安定」ってあるのでしょうか。
これから先、先進国にとっても前例のない「超高齢化社会」に日本が初めて足を踏み入れていきます。前例がないので何が起こるかなんて、予想は出来ても本当のところは誰もどうなるかわかりません。

公務員が安定だと言われてきていますが、東京都ならともかく、それ以外の地方都市は全て人口減と高齢化がとてつもないスピードで訪れます。そもそも地方自治そのものが今の形を続けていける保証なんてありません。
また、日本を代表するトヨタ自動車ですら、グーグルやアップル、また中国の独自ブランドメーカーなど新たなプレーヤーの台頭と共に、うかうかしてられない状況になっています。
金融業界ももビットコインをはじめとする新たな仮想通貨の台頭やAIの発展において、もはや店舗の必要性ですら疑問視されてきております。
株式の世界ではディフェンシブ銘柄なんて言われていた鉄道業界ですら、もはや旅客数ではなく不動産が大きな収益源となっている状況です。

さて、皆さんは予測できない未来を一生懸命予測して、「安定」を探しますか?
それとも、どの業界でもこれから大きく起こる変化に対応できるように、自分の得意分野、熱中できる分野を探しますか?

私たちの自動車販売業界は、AIが代わることの出来ない「人と人との繋がり」を大変重視しています。
人口減や市場の縮小の中、常に変化に対応しながら、地域の方々に「移動の自由」を提供すること、「家族の思い出づくり」のお手伝いをすること、そして自動車を通じて、人の生活、未来を創造していくこと、これが使命だと思っています。
人々の生活スタイルが変われば、私たちも変わる。また、私たちが生活を変えていく。どれだけ時代が変化しても、その時代にしっかりと対応できる。これが、きっと「安定」をつくっていくのではないでしょうか。

LEADERS Ⅱ

学生のみなさん、こんにちは(^^)/

企業研究は進んでおりますでしょうか。。

ところで、先日3月26日に『LEADERS 特別編 ディレクターズカット』がTVで放映されておりましたが、見ましたでしょうか。。

本編は、2014年3月22日、23日にTBS系で二夜連続で放送された日本のスペシャルドラマで、モデルは「豊田自動織機製作所」。

この名前を聞いてピンときた方、なかなかのツウですね^o^

そう、現在のトヨタ自動車の前身です!!

実は、その続編が、次の日曜日3月26日の夜9時からTBS系で放送されることになっております。

前回は、自動車製造の分野で仲間を信じ、もの作りに人生を賭けた人間たちの生き様にフォーカスした内容だったのですが、今回は、その製造チームと共に、"販売の品質"向上を目指した「販売チーム」にもフォーカスした内容となっているそうです。

史実に基づいたドラマで私たち販売店の生い立ちも描かれている内容となっているようですので、ワタクシ自身も楽しみにしています♪

「トヨタ」に興味のある皆さん、是非見てくださいね~!!

  image1.JPG

「就職する」ということ

「あなたは何故働くのですか??」

突然ですが、ワタクシが面接で、ほぼ必ず聞く言葉です。。。

皆さんはこの質問に対してしっかりと考えたことがありますか??

えっ、働かんとメシ食われへんやん。。。就職するために大学出たし。。。働くのが普通でしょ。。。

本音で言うとこんなところでしょうか。。。

だいたい面接で聞くと、「社会に貢献したいから」、「社会とのつながりを・・・」、「生活出来る最低限のお金は必要だから・・・」

な~んて答えが返ってきます。

結論から言うと、答えはあまり重要じゃないんです。。どんな「目的」を持って「就職」と言った手段を選んだのかが知りたいだけで、良い会社に就職することが「目的」になってしまっていないかなってことを知りたいだけなんです。

ん(・・?)、目的・・・???そんなん考えたこともないし。。。

そう、考えたことない方が大半です。だから、この就職活動の時期に「働く意味」をしっかり自分なりに考えて欲しいのです。

ワタクシ的には、働くことは「手段」であって、どこに就職するのかは、「目標」になっても「目的」にはならないんですよね。。。

そう考えると、学生の大半が、一つの企業に集中するといった就活はあまり感心できないんですよね。一人ひとりの「人生設計」や「幸せ」の基準は違って当然ですからね。

せっかくの「就職活動」といったこの時期、一度、「自分はなぜ就職するのか」について深く考えてみてはいかがでしょうか。

学生の皆さん、こんにちは(^^)

お昼はずいぶんと暖かくなりましたね。過ごしやすい気候なんですが・・・、なぜか外へ出るのが億劫になります。。。

そう、皆さんもやっぱりそうですよね。花粉・・・。

最近まわりでも、ついに「花粉症デビュー」の仲間が増えてきまして、ちょっと嬉しく思ったりしちゃいますが 笑

さてさて、前置きが長くなりましたが・・・、

3月30日、31日の二日間と、4月28日、29日の二日間、当社本社で会社説明会を開催することが決定しました!!

以前より、興味を持っていただいていた方や、絶対和歌山県で就職!って考えている方、はたまた「トヨタ」だし潰れることはないかな・・って考えているぐらいの方、誰でももちろん参加OKです。

どの日程も「少人数」でお話しすることを考えておりますので、参加希望の方は出来るだけ早く「U-Road2018」にて説明会予約お願い致しますm(_ _)m

当社の選考へ進むかどうかは決まっていなくても、とりあえず見に来るってレベルで大丈夫ですよ♪

たくさんの皆様のエントリーお待ちしております。

 

学生の皆さん、はじめまして。採用担当の仁波です。

あっ、「にわ」って読みます(^^;)。読めないですよね、フツー(--;)

さてさて、前置きが長くなりましたが、2018年度も昨日より採用が始まりました。

さっそく、当社も昨日「和歌山ビッグ愛」で行われました「マイナビ就職セミナー」に参加してきました(^o^)/

当社ブースへお越しくださいました学生の皆さん、ありがとうございました。

学生の皆さんにとって「就職」というのは、今後の人生を大きく左右させる大きなターニングポイントになります。限られた期間の中ではありますが、たくさんの企業に足を運んでご自身にとって納得のいく就職活動にしてくださいね。

もちろん、そのたくさんの候補の中に当社を入れることもお忘れなく♪ 笑

たくさんの皆さんのエントリーお待ちしております。

ネッツトヨタ和歌山へのエントリーはこちら