「就職する」ということ

「あなたは何故働くのですか??」

突然ですが、ワタクシが面接で、ほぼ必ず聞く言葉です。。。

皆さんはこの質問に対してしっかりと考えたことがありますか??

えっ、働かんとメシ食われへんやん。。。就職するために大学出たし。。。働くのが普通でしょ。。。

本音で言うとこんなところでしょうか。。。

だいたい面接で聞くと、「社会に貢献したいから」、「社会とのつながりを・・・」、「生活出来る最低限のお金は必要だから・・・」

な~んて答えが返ってきます。

結論から言うと、答えはあまり重要じゃないんです。。どんな「目的」を持って「就職」と言った手段を選んだのかが知りたいだけで、良い会社に就職することが「目的」になってしまっていないかなってことを知りたいだけなんです。

ん(・・?)、目的・・・???そんなん考えたこともないし。。。

そう、考えたことない方が大半です。だから、この就職活動の時期に「働く意味」をしっかり自分なりに考えて欲しいのです。

ワタクシ的には、働くことは「手段」であって、どこに就職するのかは、「目標」になっても「目的」にはならないんですよね。。。

そう考えると、学生の大半が、一つの企業に集中するといった就活はあまり感心できないんですよね。一人ひとりの「人生設計」や「幸せ」の基準は違って当然ですからね。

せっかくの「就職活動」といったこの時期、一度、「自分はなぜ就職するのか」について深く考えてみてはいかがでしょうか。